家紋 丸に並び矢 武将 5

縁起の良い植物とされる冥加(ミョウガ)をモチーフにした家紋。抱き茗荷、立ち茗荷などが有名で種類も豊富な家紋。抱き茗荷・立ち茗荷など約60種類ある。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 五大紋(ごだいもん)とは、日本に存在する5000以上もの家紋のうち、世間で特に多く使われている藤紋、桐紋、鷹の羽紋、木瓜紋、片喰紋の5つの家紋のことを指します。, 鷹は、俊敏に飛び強さや威厳の象徴であることや、武器である矢の羽根として用いられたことから、鷹の羽紋は武家に好まれました。  東北だけでなく、 …, 明智氏とは清和源氏土岐氏の支流の氏族。 戦国武将の代表的な家紋を、氏族別に紹介。家紋とは日本固有の紋章の一種であり、日本の文化の一つである。家紋は家系や血統などを表すために用いられ、現代においては非常に多くの(2万以上とも)種類があるといわれている。 2017年8月18日丸に橘紋(橘紋)について解説!由来や意味・種類・戦国武将まとめ, 柏はブナ科の落葉高木で、古代から神への供物として食物を盛る器代わりとして使用されてきました。柏は「神聖な木」として見られるようになり、やがて家紋として使用されるようになります。柏紋は約500種もあり多様なバリーエションがあります。 2017年7月7日丸に三つ柏(柏紋)について解説!由来や意味・種類・戦国武将まとめ, 4大氏の源平藤橘(げんぺいとうきつ)」と呼ばれる源氏、平氏、藤原氏、橘氏。彼らが覇権を制した時代、地方に移り住んだ一族が同じ一族を区別するために生まれた名字。後の鎌倉時代に始まった「氏姓(うじかばね)制度」を元に名字はさらに広がった。戦国時代には名字の固定化が進み、名字の由来となった土地や官職のかかわりが希薄化したことから「家の出自を示す標識」として家紋が広がった。

■戦国武将の家紋一覧まとめ 藤原氏が藤紋を用いたことで武家や庶民の家紋にも使用され、江戸時代には幕臣約160の家紋となったほど代表的な家紋です。石田三成や大久保利通も藤紋を使用していました。 桔梗とは明智氏の用いた家紋。明智氏とは清和源氏土岐氏の支流の氏族。戦国時代から安土桃山時代の武将であり、本能寺の変で織田信長を討ち取った明智光秀が著名である。... 三盛木瓜とは朝倉氏の用いた家紋。朝倉氏は但馬国を拠点とした豪族であり、後に越前国に移り、戦国大名化した越前朝倉氏が知られている。戦国武将としては朝倉義景、朝倉宗滴、朝倉孝景などが著名。... 三盛亀甲に花菱とは浅井氏の用いた家紋。浅井氏とは近江国の国人。京極家の家臣であったが、戦国時代に入って北近江で勢力を誇り、戦国大名化した。浅井長政、浅井亮政、浅井久政が著名。... 足利二つ引両・今川赤鳥とは今川氏の用いた家紋。今川氏とは日本の武家で、本姓は源氏。清和源氏の一つである河内源氏の流れを汲む足利氏御一家・吉良家の分家にあたる家系。吉良家は足利将軍家の親族であり、斯波家や畠山家といった足利一門とは別格であり、今川家はその吉良家の分家として、駿河国の守護に代々任命された。今川義元、今川氏真などが著名。... 撫子とは美濃斎藤氏が用いた家紋。その中で特に斎藤道三が用いたものが、二頭波頭立波として知られる。斎藤氏とは平安時代中頃の鎮守府将軍藤原利仁の子・叙用が齋宮頭であったことに由来する苗字。藤原利仁の後裔は越前・加賀をはじめ、北陸各地に武家として発展した。中でも美濃斎藤氏は越前斎藤氏の庶流・河合系斎藤の赤塚氏が、美濃目代として越前から移り住んだことに始まったとされている。... 仙台笹とは伊達氏の用いた家紋。伊達氏とは鎌倉時代から江戸時代にかけて、東北地方南部を本拠とした一族。藤原北家山蔭流を称するが、あくまで自称に過ぎず、格たる根拠は無いという説もある。東北だけでなく、伊予国や但馬国、駿河国に庶流が存在した。伊達政宗、伊達輝宗、伊達晴宗などが著名。... 一文字三星(長門星)とは毛利氏の用いた家紋。毛利氏とは日本の武家。鎌倉幕府政所別当、大江広元の四男・毛利季光を祖とする一族である。 相模国愛甲郡毛利庄を本貫としたことで、毛利姓を名乗るようになった。毛利元就、毛利輝元が著名。... 浅井氏とは近江国の国人。 家紋の一覧(かもんの いちらん)では、日本において使われている家紋の種類を一覧として掲載している。 図案については ギャラリー を参照。 植物 [ 編集 ] また、戦国時代に活躍した御三家と名高い、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康から戦国武将の家紋を可能な限り解説しております。さらには日本47都道府県の苗字100位ランキングをもとにどんな由来・歴史があるのかを解説。

鷹の羽紋は動物紋に分類されますが、たいていの動物紋は姿全体を描いたものが多いため、鷹の羽のみをモチーフにしたこの紋は珍しいものでもありました。 2017年8月18日丸に蔦(蔦の家紋)について解説!由来や意味・種類・戦国武将・有名人まとめ, 茗荷は日本原産で、物忘れの妙薬とされたショウガ科の秋の草花です。麻酔作用があり、邪気を払う草花としても知られていました。 日本十大家紋の一つで、茗荷紋は同じショウガ科の多年草である「茗荷の花」を図案化したものです。 ミョウガという音が神仏の加護を意味する冥加に通じており、縁起が良くご加護を享けられると進行されていました。 茗荷紋の誕生は、煩悩を解説させるとして民間進行の対象であった摩陀羅神のシンボルが茗荷であったためと言われています。そのため神社や寺などに多く用いられました。 使用者は徳川時代には志磨鳥羽氏、近江板垣氏、他に小沢氏、国領氏、堀氏、中根氏などがあります。 ■日本の苗字名前100位の家紋 2017年8月18日丸に違い鷹の羽紋(鷹の羽紋)について解説!由来や意味・種類・戦国武将・有名人まとめ, 片喰はカタバミ科の多年草で、道端などに生えている小さな葉の植物です。繁殖力や生命力の強さから「子孫繁栄」の意味を持ち、古くから公家や武家の家紋に用いられていました。 鎌倉時代には家紋として車に使用されていたことがわかっています。家紋への使用例が非常に多く、特に徳川時代に急増しました。江戸時代に家康が葵紋を使用したことで、葵紋は使用が禁じられましたが、その際に葵紋から片喰紋に切り替える者も多くいました。その当時、約160家が片喰紋を使用していたこともわかっています。 公家の使用者は冷泉家、大炊御門家、武家では酒井氏、森川氏、成瀬氏、宇喜多秀家、長宗我部氏などです。 片喰紋(かたばみ)は、カタバミをモチーフにしたた植物紋である。子孫繁栄を願って作られた家紋。剣片喰・丸に片喰・片喰蝶など約120種類がある。 公家では徳大寺家、武家では新撰組の沖田総司や佐倉藩の堀田氏、岡田藩の伊東氏、出羽の遊佐氏などが使用しています。

■家紋一覧, 天皇家は武田菱も使っていた!?一般参賀で天皇陛下の後ろに菱紋発見!天皇家の家紋とは?.

子孫繁栄を願って作られた家紋。剣片喰・丸に片喰・片喰蝶など約120種類がある。 2017年5月6日 丸に剣片喰(片喰紋)について解説!由来や意味・戦国武将一覧 木瓜紋:5大家紋その3(10大家紋その3) シンプルな木瓜をベースに、剣と合わせた剣木瓜、丸に木瓜、庵の中に入れた庵木瓜、縦に描いた立ち木瓜、菱形をした木瓜菱などバリエーションは豊富です。 五大紋の一つでもあり、北陸地方や東北地方で多く見られます。家紋として取り入れた家は多く、様々な種類の木瓜紋が考案されました。

特に藤の葉を左右に伸ばし円型に描く藤丸や、十字形の八つ藤が人気となっていました。

沢瀉は水田や池や沢に自生する水草で、夏には三弁の白い花を咲かせます。葉は、Yの字を逆さにしたような形でくっきりと葉脈が見え、人の顔の形に似ていることから面高と呼ばれ、そこから面目が立つという意味を連想したとも言われています。

■江戸・明治時代の家紋

苗字から家紋を調べる方法!検索に便利サイトで家の由来・ルーツを探る!家紋一覧表&名字家紋ランキング100, さつまいもの種類・ブランド22品種一覧まとめ!あなたの好みはしっとり系?ほくほく系?ねっとり系?, かぼちゃ3種類27品種まとめ|甘くておいしい種類をチェック、特徴が色々あって面白い, 焼き芋におススメのサツマイモ5種比較!あなたはねっとり派?ほくほく派?それともしっとり派?, 丸に違い鷹の羽紋(鷹の羽紋)について解説!由来や意味・種類・戦国武将・有名人まとめ. 柑橘類の橘(たちばな)をモチーフにした家紋。葛城王が当時の天皇から与えられた「橘」という姓が使った家紋。薬師寺、小寺、井伊家が使用した。丸に橘・薬師寺橘など約80種類ある。 2017年7月21日丸に木瓜(丸に横木瓜)について解説!由来や意味・種類・戦国武将・有名人まとめ, 藤はマメ科のつる性落葉木本で、淡い紫色の花を咲かせ華やかな藤棚を作ります。古くから観賞用の花として親しまれ、繁殖力の強さから、めでだいとされる縁起の良い植物です。

弓矢は古代から狩猟の道具として、あるいは武器として使われてきました。古来「弓矢取り」といえば武士を意味するぐらいです。神事・儀礼はもちろんのこと、当たり外れがあるからでしょうか、占いにも用いられてきました。武家は当然のことながら、尚武を尊び

水辺に自生おり、夏に白くきれない花が咲く沢瀉(おもだか)という植物をモチーフにした家紋。毛利家や福島正則が使用した。立ち沢瀉・水野沢瀉など約80種類ある。 古来より文様して使われてきた蔦をモチーフにした家紋。戦国武将の松永久秀が使ったのが有名です。藤堂蔦・鬼蔦・三河蔦など約80種類ある。 家紋とは日本固有の紋章の一種であり、日本の文化の一つである。  家紋は家系や血統などを表すために用いられ、現代においては非常に多くの(2万以上とも)種類があるといわれている。, 近江国伊香郡赤尾を本貫地とし、家祖は赤尾教政。近江国湖北四家の一つ。  戦国時代に近江浅井氏に仕えた海赤雨三将の一人、赤尾清綱が著名。  浅井氏滅亡後は宮部氏、京極氏と仕え、のちに加賀藩前田家に仕えた。, 明智氏は清和源氏土岐氏の支流氏族。家祖は明智頼重。  戦国時代に斎藤道三が土岐氏に対して下克上し、美濃国を掌握した際は、その傘下に入ることで存続した。  しかし道三・義龍父子による斎藤家の内紛では道三に味方し、敗れたことで滅ぼされたものの、明智光秀が生き残ったことで滅亡を免れる。  その後本能寺の変にて主君・織田信長を討つも、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れて光秀は討死。主だったものは自害した。  のちに傍系の明智定政が徳川家康に仕え、土岐氏に改名。明智土岐氏の祖となる。  家紋は桔梗。土岐一族が用いた代表的な家紋。, 朝倉氏とは但馬国養父郡朝倉を出身とし、朝倉高清を祖とする。後に越前国で発展して戦国大名化した、越前朝倉氏が代表的。  1573年(天正元年)に朝倉義景の代にて織田信長と対立し、一乗谷にて滅亡。  庶流の朝倉在重の系統が、江戸幕府旗本として存続。  家紋は五代紋の一つである木瓜紋。, 朝比奈氏とは駿河国志太郡朝比奈郷を本貫とし、朝比奈国俊を祖とする。戦国時代においては今川氏に仕え、掛川城主を代々継承した。  今川氏の滅亡と共に没落。  しかし駿河朝比奈氏の系統は、朝比奈信置の代より今川氏から武田氏に鞍替えし、その後徳川家に仕えて幕臣となって存続する。  家紋は巴紋の一種。, 下野国足利郡足利庄を出身とし、足利義康を祖とする。  鎌倉幕府時代には将軍家一門たる御門葉の地位にあったが、室町時代においては室町幕府を樹立し、将軍家となった。  1573年(元亀4年)足利義昭の代において、室町幕府は滅亡。義昭の子は全て出家したため、足利家は断絶する。  家紋は引両紋。足利将軍家の権威の象徴であった。, 家祖は浅井重政。近江国浅井郡に居を構えた古代豪族である浅井氏より、戦国時代の浅井亮政の代に、主家であった京極氏を下克上し、戦国大名化した。  後に織田氏との対立により、1573年(天正元年)に浅井長政の代をもって滅亡。  その子である浅井三姉妹らにより、現代にも血統が存続している。  家紋は亀甲紋と花菱紋の組み合わせにより構成された意匠。, 家祖は南北朝時代の甲斐守護・武田信武の子である穴山義武。甲斐国南部の河内地方を領し、婚姻や養子縁組にて武田宗家と婚姻関係を結び、武田氏の重臣となった家系である。  武田氏滅亡後はその名跡を継承して武田氏を名乗った。  家紋は花菱紋。, 遠江国引佐郡渭伊郷井伊谷を出身とし、井伊共保を祖とする。  戦国時代に今川氏に臣従するも、井伊直政の代に武功をあげて近江彦根藩の藩主となり、江戸時代を通じて5代6度の大老職を出すなど、譜代大名の中でも筆頭の家柄となった。  家紋は十大紋の一つである橘紋。, 山城国を出身とし、飯尾倫忠を祖とする。もともとは室町幕府の奉行衆の家柄だったが、飯尾長連の代に今川氏の家臣となって、駿河に下った。  飯尾連竜の代に今川氏から離反し、曳馬城の戦いを経て今川氏真に誅殺され、駿河飯尾氏は断絶する。  家紋は鉸具紋。鉸具とは馬具の一種。, 源義家(八幡太郎義家)の六男である源義時を祖とする。  戦国時代後期に石川数正などを輩出した三河石川氏は、義時の子孫が蓮如に随行して三河に流れ着き、定着したのが始まりとされている。松平氏(徳川氏)に仕えて代々家老を務めた。  一方で三河の浄土真宗の総代的立場であったともいわれている。  家紋は竜胆紋。石川竜胆とも。, 三河国碧海郡今川荘を出身とし、今川国氏を祖とする。  足利氏一門である吉良家の分家にあたり、「御所(足利将軍家)が絶えなば吉良が継ぎ、吉良が絶えなば今川が継ぐ」とまでいわれ、「天下一苗字」の待遇を受けて今川姓は駿河今川家のみとった。  桶狭間の戦いを契機に衰退し、今川氏真の代で大名家としての今川家は滅亡。しかし江戸時代に入り、その子孫は高家旗本として存続する。  家紋は引両紋。同じ一族のため、足利将軍家が用いた足利二つ引両と同じ家紋である。, 本姓は藤原北家勧修寺流支流。公家である藤原氏の氏族の一つ。  公家である藤原重房が京から鎌倉に下向して武家化し、上杉姓を賜ったことが始まり。  戦国時代には長尾氏出身の長尾景虎(上杉謙信)が上杉家の家督を継承する。  豊臣政権下では上杉景勝が五大老の一角となるが、関ヶ原の戦いで西軍についたことで減封されたが、幕末まで存続した。  家紋は竹に雀の紋の一種。丸に九枚笹の上中央に対い雀を描く意匠。竹に雀の紋は、家臣や家の交際相手に下賜したことから広まった。一例として伊達氏などの仙台笹が著名。, 宇喜多氏の出自は不詳。  一説には備前三宅氏の後裔とされ、また宇喜多氏自身は百済王族子孫や平朝臣を自称した。  家祖は宇喜多信宗。  戦国時代には宇喜多直家が出て、主家の浦上家を滅ぼし、備前だけでなく、備中や播磨の一部にまで勢力を拡大した。  関ヶ原の戦いで西軍につき、敗北して所領を没収される。  家紋は剣片喰(剣酢漿草)。他に雨竜や亀など。五七の桐や五三の桐も用いている。, 大友氏の家祖は大友能直。相模国愛甲郡古庄の郷司の近藤能成(古庄能成とも)の子として生まれた。  父・能成は藤原秀郷の系統、もしくは藤原利仁の系統であるなど、出自には諸説あり、また頼朝公落胤伝説といったものまである。  鎌倉時代から戦国時代にかけて九州の豊後国を本拠とした一族で、戦国時代には戦国大名化し、最盛期には豊後・筑後に加え豊前・肥前・肥後・筑前の6ヶ国と日向・伊予の各半国を領有した。  家紋は杏葉紋の一種。杏葉とは馬具の面繋、胸繋、尻繋につける装飾具のことで、杏または銀杏の葉に形が似ていることからその名がつけられた。, 織田一族の発祥地は越前国織田荘にある劔神社。本姓は藤原氏。  三管領の斯波武衛家の守護代であり、室町時代には尾張国の守護代を務めた。  戦国時代に入ると織田信長が出て、勢力を拡大。天下統一目前で本能寺の変にて斃れる。  のちに織田秀信の死をもって織田家嫡流は断絶するも、庶流は存続した。  家紋は織田瓜、織田木瓜とも。他に平家の代表紋ともいわれている揚羽蝶も用いた。, 遠江国の国人・勝間田氏の出身。家祖は不明。  小畠日浄の代に遠江から甲斐に入り武田氏に仕えた。  小幡昌盛の時に、小畠姓から小幡姓に改名している。  昌盛の三男・小幡景憲は甲州流軍学の創始者として名高い。  家紋は五枚根笹。竹笹紋の一種。, 上総国望陀郡飯富庄を本官とし、源義家の孫にあたる飯富源太忠宗(源忠宗)を初代とする。甲斐国、安芸国、若狭国にて繁栄。  甲斐国の飯富氏は義信事件で切腹した飯富虎昌を最後に、その後みられなくなる。  家紋は月星紋。千葉氏の紋としても知られ、妙見菩薩信仰から形成された紋章とされている。, 東信濃佐久郡香坂を出身とし、滋野三家の一つ禰津氏の禰津宗直の五男貞行を祖とする。  武田氏の家臣時代に香坂宗重が上杉氏との密通の嫌疑で誅殺され、嫡流は途絶えたが、宗重の娘を娶った関係で春日虎綱(高坂昌信)が名跡を継承。  ただし昌信ものちに春日姓に複姓しているものの、高坂弾正の名で現在では知られている。  家紋は九曜紋。いわゆる星紋の一種。九曜とはインド占星術の扱う9つの天体とそれらを神格化したもので、のちに日本にも伝わった。, 後藤氏はさまざまな系統があるが、利仁流(藤原利仁を祖とする)から派生した、美濃前田氏、肥前後藤氏、播磨後藤氏などが著名。  大阪の陣にて活躍し、討死した後藤基次は播磨後藤氏の出である。  家紋は下り藤。元は藤原氏に行き着くため、藤紋を用いていたと考えられる。, 美濃斎藤氏は、越前斎藤氏の庶流・河合系斎藤の赤塚氏が美濃目代として越前から移り住んだことに始まったと考えられている。  家祖は斎藤祐具。  斎藤妙椿の代に主家を上回る勢力となったが、後を継いだ斎藤妙純が近江への出兵の際に戦死すると、後継者争いにより斎藤氏の勢力は衰えた。  これにより台頭したのが庶流の長井氏であり、長井規秀が斎藤氏の名跡を継いで後の斎藤道三となる。  家紋は撫子。道三のみが一代紋として二頭波頭立波を使用した。, 酒井氏は三河国碧海郡酒井郷、もしくは同国幡豆郡坂井郷の在地領主であったと考えられている。  家祖は酒井広親。  清和源氏新田氏流を自称しているものの、創作の可能性が高い。  のちに松平郷にて松平氏に仕え、譜代家臣となった。  家紋は片喰紋。「丸に片喰」や「丸に剣片喰」といった亜種も、一族の間で使用された。, 信濃国小県郡真田郷を出身とし、真田頼昌を祖とする。  武田氏の家臣時代を経て、武田氏が滅亡すると真田昌幸の代に大名化するも、関ヶ原の戦いに敗れて昌幸は流刑となった。  しかし嫡男信之は徳川方についたことで、上田藩から松代藩へとその血統は続くことになる。  家紋は銭紋。これは定紋ではなく戦時の旗紋ではあったものの、江戸時代の講談等の影響でこちらの方が有名となっている。, 始祖は柴田修理大夫義勝。  越後国柴田の出身で、この柴田の地名を家号としたとされる。  その後の系譜は明らかにはなっていないが、戦国時代には柴田勝家が出て、織田家の重臣となる。  本能寺の変後、羽柴秀吉と対立し、賤ケ岳の戦いにおいて敗れ、居城の北ノ庄城で自害。柴田氏は滅びた。  柴田勝家の時代に使用されていた家紋は不明であるものの、のちの江戸時代の『寛政重修諸家譜』によると、定紋は丸に二つ雁金とされている。, 家祖は島津忠久。出自は諸説あるが、源頼朝の落胤ともされており、そのため厚遇されたという。  近衛家の領する島津荘の下司職に任じられ、その後、源頼朝から正式に同地の惣地頭に任じられ島津姓を称したとされる。  忠久は頼朝より薩摩国、大隅国、日向国、さらには越前国守護を任じられ、鎌倉幕府有力御家人の中でも異例の4ヶ国を有する守護職を得るに至った。  その後戦国大名化し、全盛期には九州のほぼ全土を制圧。  幕末には雄藩の一つとなって、明治維新の原動力となった。  家紋は丸に十の字、島津十文字、轡十字など、いずれも十文字紋。, 清和源氏の一流であり、河内源氏の一門である源義光を祖とする、甲斐源氏の宗家。甲斐国の他に、若狭国や安芸国などにも分派している。  戦国時代に戦国大名化し、武田信玄の代に最盛期を迎え、次代の武田勝頼の代にて滅亡した。  家紋は菱紋。よく似た構図の四つ割り菱よりも、菱同士の感覚が狭くとられているものを、武田菱として区別している。, 鎌倉時代から江戸時代にかけて、東北地方南部を本拠とした一族。  家祖は伊達朝宗。出自は魚名流藤原山蔭の子孫と称しており、常陸入道念西が鎌倉時代に源頼朝より伊達郡の地を与えられ、伊達朝宗を名乗ったのが始まりとされる。しかし藤原北家が出自であるということについては、あくまで自称に過ぎないことを留意する必要がある。  家紋は竹に雀の紋。上杉定実が伊達実元に送った上杉笹から派生した家紋である。, 本姓は秦氏。秦氏は中国秦王朝の始皇帝の流れを称する古代氏族である。  飛鳥時代の秦河勝の後裔が長宗我部氏であるという。  土佐国長岡郡に拠った国人の一族であり、土佐国の七豪族の一つでもある。  戦国時代に長宗我部元親が勢力を拡大して戦国大名化し、土佐を統一し、その後四国統一を果たした。  家紋は三つ石。石畳紋の一種。桓武平氏土屋氏の代表紋。他に九曜紋を用いたともされている。, 本姓は平氏。家系は桓武平氏の一つ高望王の系譜で平良文を祖とし、その子孫である土屋宗遠を土屋氏の家祖とする。  土屋宗遠が相模国中村荘において土屋郷司についたことが由来となっている。  室町時代初期の土屋景遠の代において本領を追われ、甲斐武田家臣となった。  家紋は三つ石。石畳紋の一種。桓武平氏土屋氏の代表紋。他に九曜紋を用いたともされている。, 筒井氏は大神神社の神官・大神氏の一族とされる。  家祖は不詳。  戦国時代の筒井順興の代に勢力を拡大。大和国における戦国大名としての地位を築く。  次の筒井順昭の代に大和を統一。しかし次代の筒井順慶はわずか二歳で家督を継ぎ、『元の木阿弥』の故事成語の由来となった。  秀吉政権下では減封され、江戸時代では伊賀上野藩を安堵されるものの後に改易。当主であった筒井定次やその子の順定は自害を命じられ、また従弟の筒井定慶も大坂夏の陣で戦死したことにより、大名家としての筒井家は滅亡した。  家紋は梅紋の一種。中でも筒井氏の仕様した梅鉢は、中心から放射線状に配置した花弁が太鼓の撥に似ていることに由来している。, 家祖は徳川家康。家康は元々松平姓を名乗っていましたが、新田氏系得河氏・得川氏の末裔を称したことに始まり、江戸幕府が開かれると将軍家と親族の家名として定着した。  一方で得川氏と家康の家系の同一性は実証されていない。  家紋は葵紋の一種で、三つ葉葵。徳川氏の用いたものは丸に三つ葉葵で、徳川葵とも呼ばれている。, 出自は紀伊国熊野権現の神職。熊野新宮第19代別当行範が家祖とされる。  承久の乱以降に三河国矢作庄に移住し、室町時代には松平氏に仕えた。  のちに伏見城の戦いで戦死した鳥居元忠は、三河武士の鑑と称せられた忠臣。  家紋は鳥居笹。竹紋の中で、主に葉のみを描いた笹紋の一種。, 藤原南家為憲流内藤氏を本姓とし、内藤虎資を家祖とする。  内藤虎資は武田信虎に粛清されて断絶したが、のちに工藤虎豊の次男・昌豊が内藤家の名跡を継ぎ、内藤姓を名乗った。  武田氏滅亡後は内藤氏も所領を失い、会津保科氏に仕えたとされている。  家紋は菱紋から、丸に花菱。, 長尾氏は桓武平氏の流れをくむ鎌倉氏の一族。家祖は長尾景弘。  鎌倉景明の子である景弘が相模国鎌倉郡長尾庄に住んだことにより、長尾姓を名乗ったことに始まる。  源平合戦時には平氏につき、一族は没落。僅かな生き残りは関東に入った上杉氏の筆頭家臣として栄えることになる。  家紋は九曜紋の一種。巴紋が意匠されているのが特徴。, 信濃国安曇郡を収めた平姓仁科氏は武田信玄の信濃侵攻後、一族で内紛が発生し、最後の当主となった仁科盛政は処刑。  正統は途絶え、その後、信玄の五男・仁科盛信がその名跡を継ぎ、平姓を改め、「清和源氏・義光流・武田氏支流」として源姓を名乗ったのが始まりである。  家紋は菱紋から、丸に割り菱。, 桓武平氏高望流の平直方を始祖とする。  北条時政の代に、娘である北条政子が源頼朝の正室となったことから頼朝の挙兵に協力し、鎌倉幕府の創立に尽力。鎌倉幕府成立後には有力御家人としての地位を得、のちに執権の地位に就くと、これを代々世襲するようになる。  第14代執権・北条高時の代になると、後醍醐天皇の挙兵に御家人筆頭の足利高氏が呼応。更には新田義貞も挙兵し、鎌倉は陥落。北条氏の大半が滅びた。  その残党は中先代の乱や観応の擾乱などにおいて、散発的に反乱を起こすことになる。  戦国大名である北条家と区別するため、『執権北条氏』もしくは『鎌倉北条氏』とも呼ばれる。  家紋は鱗紋。正三角形一つを描いた「一つ鱗」を三つ山形に積み上げた意匠。  三つ鱗は桓武平氏の定紋・揚羽蝶に準じる替紋である。, 本姓は源氏。清和源氏(河内源氏)の名門小笠原氏(信濃源氏)の庶流とされ、鎌倉時代の承久の乱で佐々木氏に代わって阿波守護となった阿波小笠原氏の末裔である。  戦国時代に細川氏に対して下克上し、四国東部から畿内一円の大勢力となって、三好政権を築いた。  家紋は小笠原氏の家紋である三階菱と、釘抜き紋を組み合わせた意匠。, 鎌倉幕府政所別当大江広元の四男・毛利季光を祖とする一族。  相模国愛甲郡毛利庄を本貫にしたことにより、毛利姓を名乗った。  鎌倉時代には越後国刈羽郡佐橋庄南条の南條館を領していたが、安芸国高田郡吉田荘に分家を立ててこれを間接統治したが、南北朝時代に下向して直接統治するようになる。  戦国時代においては毛利元就が出て、山陽道や山陰道10ヶ国と九州北部の一部を領国に置く、最大級の戦国大名に成長した。  のちに豊臣秀吉に従属。関ヶ原の戦いでは西軍総大将となったことで、周防国、長門国の2か国に減封される。  幕末期には多数の志士を輩出し、明治維新を成就させる原動力となった。  家紋は一文字三星。数の根元であり、極数の九に相対しもののはじめとされる「一文字」と、オリオン座の中央に輝く「三武・将軍星」と呼ばれる「三つ星」を組み合わた意匠。, 相模国愛甲郡毛利庄を出身とし、森頼定を祖とする。  河内源氏の流れを汲む武家。  戦国時代においては、美濃国に土着した一族が活躍した。  家紋は鶴紋。, 清和源氏頼光流多田頼綱の三男であった源国直が美濃国山県郡に居住し、山県を号したことが発祥。  戦国時代には衰退し、山県家信が甲斐武田氏を頼って美濃国より甲斐国へと移住。  しかし山県虎清の代にて武田信虎に成敗されて断絶。  その後、武田信玄の時代に飯富昌景が山県氏の名跡を継ぎ、山県昌景を名乗った。  家紋は桔梗。土岐氏とその関係の一族や清和源氏流の氏族が用いている。, ここではその中でも歴史上(戦国時代を中心に)の人物に由縁の家紋を、氏族別に一覧にて紹介していくわ。なにぶん数が多いから、このブログで公開している歴史人物より、随時更新の予定ね, いわゆる橘紋。戦国時代では井伊氏絡みで丸に橘だとかが比較的有名だけど、これは丸ではなく隅切り角の中に橘が意匠されているパターンよ。これを使用していた戦国武将っているのかしら……ね.

■苗字・名前から自分の家紋を探す方法 使用者は、公家では一条家、二条家、九条家、武家では本願寺氏、大久保氏、片倉氏、黒田氏、新庄氏です。また、「藤」の付く名字にちなんで安藤氏、加藤氏、内藤氏、藤井氏、佐藤氏なども使用しています。

2017年8月18日下り藤と上がり藤など藤家紋の由来・意味を解説!戦国武将などもまとめました, 桐は高級木材として、菊紋についで天皇家や功績をあげた者の家紋として用いられました。その風習のはじまりは、後鳥羽上皇から足利尊氏が桐紋を賜ったことです。その後、桐紋が広く広まったのは皇室が臣下へ、下賜された武将が臣下へと付与したことによります。

ヴァンドーム青山 Va 違い 20, ライオンキング 劇団四季 歌 6, スタイル ズ 荘の怪事件 感想 16, Ff14 エデン共鳴 零式1層 タイムライン 8, Jr 東日本 情報システム パワハラ 9, フェミー クリニック 横浜 4, ジオ ジャパン2 動画 6, ディズニー 再入場 コロナ 37, 出荷先の国に到着 税関 通過 待ち です 8, Nhk 純情きらり 再放送 44, Pubg 練習場 どこ 24, 国士舘大学 剣道部 練習 6, 北の達人 社長 売却 23, Engage メッセージ 既読 36, 一橋 世界史 2ch 24, Reality Youtube 配信 4, 河野 玄斗 Youtube 6, モダン ジャンド 暗殺者の戦利品 10, 脱力タイムズ 動画 アンタッチャブル 4, つばみ 中の人 ダンス 20, Tk 軍団 福岡 9, Wbgt 測定器 学校 6, きゃ ん さん インスタ 6, 黒人 髪型 坊主 36, ハイサイおじさん 三線 タブ 4, 日商エステム Cm 相武紗季 ロケ地 15, Rg トールギス3 塗装 7, スーツ 鈴木大輔 ボストン 16, ヨドバシ 店舗受け取り 配送 変更 13, 機動戦艦ナデシコ 劇場版 ネタバレ 14, 若元春 インスタ グラム 5, 裏 関係ない部 カマキリ 8, バレー サーブ 速く 9, ヤフオク 着画 禁止 7,

.

agen judi bola , sportbook, casino, togel, number game, singapore, tangkas, basket, slot, poker, dominoqq, agen bola. Semua permainan bisa dimainkan hanya dengan 1 ID. minimal deposit 50.000 ,- bonus cashback hingga 10% , diskon togel hingga 66% bisa bermain di android dan IOS kapanpun dan dimana pun. poker , bandarq , aduq, domino qq , bandarqq online terpercaya. Semua permainan bisa dimainkan hanya dengan 1 ID. minimal deposit 10.000 ,- bonus turnover 0.5% dan bonus referral 20%. Bonus - bonus yang dihadirkan bisa terbilang cukup tinggi dan memuaskan, anda hanya perlu memasang pada situs yang memberikan bursa pasaran terbaik yaitu Bola168. Situs penyedia segala jenis permainan poker online kini semakin banyak ditemukan di Internet, salah satunya TahunQQ merupakan situs Agen Judi Domino66 Dan BandarQ Terpercaya yang mampu memberikan banyak provit bagi bettornya. Permainan Yang Di Sediakan Dewi365 Juga sangat banyak Dan menarik dan Peluang untuk memenangkan Taruhan Judi online ini juga sangat mudah . Mainkan Segera Taruhan Sportbook anda bersama Agen Judi Bola Bersama Dewi365 Kemenangan Anda Berapa pun akan Terbayarkan. Tersedia 9 macam permainan seru yang bisa kamu mainkan hanya di dalam 1 ID saja. Permainan seru yang tersedia seperti Poker, Domino QQ Dan juga BandarQ Online. DEWI365 adalah Bandar Judi Bola Terpercaya & resmi dan terpercaya di indonesia. Situs judi bola ini menyediakan fasilitas bagi anda untuk dapat bermain memainkan permainan judi bola. Didalam situs ini memiliki berbagai permainan taruhan bola terlengkap seperti Sbobet, yang membuat DEWI365 menjadi situs judi bola terbaik dan terpercaya di Indonesia. Tentunya sebagai situs yang bertugas sebagai Bandar Poker Online pastinya akan berusaha untuk menjaga semua informasi dan keamanan yang terdapat di POKERQQ13. DEWI365 adalah Bandar Judi Bola Terpercaya & resmi dan terpercaya di indonesia. Situs judi bola ini menyediakan fasilitas bagi anda untuk dapat bermain memainkan permainan judi bola. Kotakqq adalah situs Judi Poker Online Terpercayayang menyediakan 9 jenis permainan sakong online, dominoqq, domino99, bandarq, bandar ceme, aduq, poker online, bandar poker, balak66, perang baccarat, dan capsa susun. Dengan minimal deposit withdraw 15.000 Anda sudah bisa memainkan semua permaina pkv games di situs kami. Jackpot besar,Win rate tinggi, Fair play, PKV Games. BandarQ Online Situs BandarQQ, BandarQ Terpercaya, Mainkan QQ Uang Asli Dengan Server Pkv Games & Mainkan SitusQQ Online Melalui Deposit Pulsa.